日本破れる

あ~

っと思ってしまった昨日から、約一日たった。

普通に仕事してはやめに帰ってきたが、なんともむなしい。


初戦から大敗をきっしてしまった日本であり、各誌はジーコの指揮官としての能力などを疑問視する記事が目立った。

たしかに、ジーコの指揮官としての能力は、僕も???だと思うが、それ以前に全体的な力がなかったのではないかと客観的に考えてしまう。

なぜなら、オーストラリアの海外組みは、スタメンで活躍している選手が多い、それに対して、日本はスタメンで活躍しているのは、中村としいて言えば高原だけである。

とわいえ、この大会が始まる前は、”優勝”の二文字すら頭をちょっと横切っていたのが、吹き飛んでしまった。

まだ、2戦あるので、2戦とも勝ってほしいと思う。

今回は、大穴に選ばれた日本!!大穴になってくれ!



ちなみに、ジーコに批判的な記事は、次のようなものである。

試合運びにミスあった ジーコ監督

日本・ジーコ監督の話 1点のリードを守るサッカーでミスをしてはいけなかったが、試合運びにミスがあった。リードしている時の(時間の)使い方ができなかった。残念な結果だが、いい部分もあった。そこを引き出しながら次につなげたい。(


監督の差が出た!ジーコ采配後手後手

結果的に、選手交代が効果的ではなかった。疑問が残った。ジーコ監督は、リードしている時はあまり動かないタイプだが、この日も遅かったと思う。FW柳沢に代えてMF小野を入れた場面は、もう1点欲しいならFWとFWを入れ替え、疲れている選手を代えたいならMFとMFの入れ替えにした方がよかった。1トップでは、前線から追い回すことが難しく、ますます守勢に回された。

4日のマルタ戦でも似たような疑問を持った。終盤に4-2-3-1に変えた時だ。3バックを貫かないのも、攻撃的にしたいはずなのに1トップにしたのも不思議だった。今回は、逆転されてからDF茂庭をFW大黒に代えると、守備陣が落ち着かないうちに3失点目を喫した。

残り10分までは無失点だったが、何度もチャンスをつくられ、シュートを打たれ、それがジャブのように効いて、最後はKOされてしまった。終盤は足が止まっていた。走って、球も人も動いてこそ、日本らしいサッカーになる。運動量なくして、体格のいい相手FWを挟み込んで封じるなどできない。前線にフレッシュな選手を、中盤の底にMF福西のようにDFラインをサポートするタイプの選手を入れてほしかった。
[PR]
by saculaculacula | 2006-06-13 17:58
<< メッシ最高のデビュー イングランド勝ったね。 >>